2015年12月3日木曜日

お詫びとご報告


この度は私の政務活動費の支出に関しまして市民の皆様を始めてたくさんの方々にご迷惑をおかけしましたこと、また2期連続当選させて頂きましたにも関わらず、このような事態を招いてしまったことを
心よりお詫び申し上げます。

支出に関し疑念を抱かれる点があり、監査請求が提起され、自らのその支出状況の確認を弁護士とともに進めていましたところ、発注通りの印刷及びポスティングが行われていないということが判明いたしました。

これは私の未熟さから、十分に政務調査活動に関する管理監督ができていなかったことから生じた問題であり、市民の皆様に堺市議会に対する信頼を損ねてしまったことを心からお詫び申し上げる次第です。

最大の問題は私の管理不行き届きな点にございます。配布実態の確認ができていなかったことは断腸の思いであり心から謝罪申し上げます。
 当時のスタッフ(黒瀬氏)を信頼してポスティングから印刷にかかる全ての工程を任せていたというのが実態でございます。
この中で自らの写真であったり、発言内容であったり、デザインなど紙面の構成に関してはその都度、意見交換を行いチラシの制作を行ってまいりましたので、まさかそれが発注とおり印刷・配布されていなかったなどということは想像ができませんでした。また完了報告も来ており、疑うというよりはきちんと配布を行って頂いているという認識でいたのが事実でございます。
 
これについては速やかに返金を求めると共に業者の方からも返金に応じる旨の回答があり、いったんは債務不履行という形で、支払った資金の回収を優先した対応をいたしました。
しかし、税金を原資とします活動費の性質からも極めて重大なことであると認識し、10月30日付でポスティングを依頼しておりました業者を詐欺罪で刑事告訴いたしました。

11月2日に議会運営委員会、11月26日全議員総会が開かれ議員の皆様からさまざまな質問がなされ私もできる限り真摯にお答えいたしました。
全議員総会の様子は堺市議会のインターネット放送でもご覧いただくことができます。
 
 

最後になりますが、このような事態を招いてしまいました責任を痛感しており、今後、議員活動を通じて信頼回復を図って参りたいと思っております。

また、私事ではございますが、今回の事態になりました反省といたしまして、今任期中の政務活動費の受取りを辞退し、
私費にて政務活動を行ってまいりたいと思います。
この度は本当に申し訳ございませんでした。
   
 
 
                                 堺市議会議員  小林よしか