2014年11月17日月曜日

12月1日は世界エイズデーです!

12月1日は世界エイズデーです!

 12月1日は、世界エイズデーです。
 今年のキャンペーンテーマは「AIDS IS NOT OVER~まだ終わっていない~」です。
 大阪府における新規のHIV感染者・エイズ患者報告数は全国で2番目に多い中、府民の関心の希薄化や、感染の潜在化、性の低年齢化など、以前予断を許さない状況にあります。そのため、大阪府・大阪市・堺市・高槻市・東大阪市・豊中市・枚方市では、エイズ予防週間実行委員会を組織し、世界エイズデーを中心とした1週間(11月28日から12月4日)を「エイズ予防週間とし、エイズに関する正しい知識の普及啓発活動等に取り組んでいます。
 市内外で、さまざまの取り組みをいたしますのでお知らせします。 

レッドリボン
レッドリボンとは、「エイズに関して正しい理解をしています。」「エイズとともに生きる人々を差別しません」という意思表示のシンボルです。

HIV抗体検査

夜間HIV抗体検査

12月5日金曜 中保健センター 18時から20時まで 結果は約1週間後。
12月10日水曜 東洋ビル4階 18時30分から20時まで 結果は1週間後。

土曜日HIV即日検査

12月6日土曜 東洋ビル4階 時間は10時30分から正午まで 結果は14時から。先着20人。
 検査の詳細はこちらをご覧ください。

エイズ予防週間街頭キャンペーン

内容
 エイズ・HIVの正しい知識の普及啓発を目的とし、パンフレット及びグッズの配布を行ないます。
日時
 12月4日木曜 17時から
場所
 南海なんば駅周辺
配布物
 啓発グッズ(大阪エイズ啓発キャラクター「アイやん」絵柄入りティッシュ)、コンドーム、啓発冊子、HIV検査場案内(予定)
配布数
 2000セット

啓発広告の掲載

内容
 月刊クーポンマガジン「ホットペッパー」にエイズ・HIV啓発広告を掲載する。
時期
 平成26年10月末(2014年11月号)
発行数
 35万5千部(大阪キタ:20万部、大阪ミナミ15万5千部)

「大阪エイズウィーク2014」への参画

 「大阪エイズウィーク2014」は、市民のエイズへの関心を高めて感染拡大の阻止を図るとともに、感染した人々も安心して暮らせる社会の実現を目指す週間です。
 12月1日の世界エイズデーを含む、11月26日から12月7日の12日間に、エイズに関した様々な領域で活動するNPO・団体・個人が、自治体・企業・メディア等と連携しながら、それぞれの得意分野でそれぞれの対象者に焦点をあてた、きめ細かい企画を実施します。
 エイズ予防週間実行委員会は、「大阪エイズウィーク2014」に後援団体として参画し、HIV・エイズの予防やまん延防止に向けた支援を行ってまいります(主唱:公益財団法人 エイズ予防財団)。
 
「大阪エイズウィーク2014」の詳細はこちらをご覧ください。

本庁でのタペストリーの展示

11月28日金曜から12月22日月曜に行います。

本庁でのパネル及びポスターの展示

11月28日金曜から12月10日水曜 本館1階にて行います。

南海バス広告

10月1日から12月31日に運転席後部10台、窓用両面ステッカー14台に、世界エイズデー、HIV検査についての啓発をしています。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933 ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階