2014年9月1日月曜日

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスが堺市立中央図書館で利用できます。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスが堺市立中央図書館で利用できます。

国立国会図書館デジタル化所蔵資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料を図書館に配信する「図書館向けデジタル化資料送信サービス」を 堺市立中央図書館で、ご利用いただけるようになりました。

利用可能資料

種別概要閲覧可能数(概数)
図書昭和43年までに受け入れた図書約50万点
古典籍明治期以降の貴重書等約2万点
雑誌平成12年までに発行された雑誌(*)約67万点
博士論文平成3から12年度に送付を受けた論文(*)約12万点
合計約131万点
(*)はそれぞれ商業出版されていないものが対象。
点数は平成26年7月1日現在の概数です。

利用開始日

平成26(2014)年 9月 3日(水) 午前10時から

利用できる図書館

利用するには

  • 堺市立図書館の貸出カードが必要です。
  • Web閲覧端末利用申込機でオンラインデータベース用端末の利用申し込みを行ってください。 利用にあたっては、最初に図書館職員によるログイン操作が必要です。ログインは図書館職員が行いますので、カウンターの職員にお声かけください。
  • デジタル画像を、パソコンのモニターでご覧いただきます。なお、画像は図書や雑誌を写真に撮ったものですので、本文の文字の検索はできません。
  • 1回最大30分。ダウンロードや撮影はできません。
  • ご覧になりたい資料を、あらかじめ国立国会図書館のサイトで検索しておくと、来館時のご利用に便利です。 (公開範囲が「国立国会図書館限定」や「国立国会図書館/図書館送信限定」になっているタイトル以外は、ご自宅などでも閲覧可能です。)

複写

複写は職員が行います。申請書に必要事項(書名、コマ番号(ページ)等)を記入してカウンター職員に提出してください。(1コマ(1枚)10円) ※混雑時には、お時間をいただくことがあります。