2014年5月7日水曜日

「日本と世界が出会うまち・堺 2014」プロジェクト

「日本と世界が出会うまち・堺 2014」プロジェクト

 堺市博物館、大阪大学歴史教育研究会の共催事業として、堺の国際交流の歴史などにスポットをあてた「日本と世界が出会うまち・堺 2014」プロジェクトを実施します。
 このプロジェクトは、主に高校生を対象にして、公募形式によって堺の国際交流の歴史等を研究発表してもらうとともに、歴史を知ることの意義についての一般市民向けの講演も実施するものです。
 堺は、ユネスコ世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群が造営された古代以来、アジアをはじめとする多彩な国際交流の歴史をを持っています。とりわけ、15世紀から17世紀には、日明貿易、琉球貿易、「南蛮貿易」、朱印船貿易などの国際交易で繁栄し、「日本のベニス」と呼ばれました。千利休に代表される茶の湯文化なども、この時代に大きく花開きました。このような堺の国際交流の歴史等を学習・研究することにより、日本や世界の歴史に対する理解を深めるとともに多文化共生の心を育み、アジアをはじめ世界各地域との新たな架け橋となる人材の育成をめざします。

プロジェクトの概要

(1)高校生等による研究発表の公募【公募要領参照】

主に大阪府内の高校生を対象として、堺の国際交流の歴史等に関する研究を
2014年(平成26年)5月に公募し、(2)で発表してもらいます。

(2)「日本と世界が出会うまち・堺 2014」研究発表会・講演会(参加無料)

【日 時】 2014年(平成26年)9月15日(祝日) 10時~16時(予定)
【場 所】 堺市内ホール(サンスクエア堺ホールを予定)
【内 容】 1 高校生等のグループによる研究発表
2 桃木 至朗・大阪大学教授(予定)による講演

後 援

大阪府教育委員会

協 力

 「日本と世界が出会うまち・堺 2014」プロジェクト研究会
 (プロジェクトの趣旨に賛同していただいた高校教員で構成)

高校生・中学生の皆さん! 堺の国際交流の歴史や世界遺産などの研究発表を公募します!

対 象

3人以上で構成された高校生のグループ(中学生も応募できます)

研究テーマ

(1)堺の国際交流等の歴史に関するもの(時代は問いません)
  【例】
 [古 代]
○巨大古墳の造営に渡来人はどう関わったの?
○百舌鳥古墳群の世界遺産登録についてクイズで考えてみよう!
[中近世]
○利休が愛した茶菓子を再現しよう!
○キリシタン音楽を聴いてみませんか?
○南蛮屏風のファッションを着てみよう!
○黄金の日日・堺の町並みをCGで再現すれば
○南蛮貿易を劇で再現
 [近現代]
○与謝野晶子とパリ~ロダンとの交流を探る~
など
(2)堺やあなたの町の世界遺産、無形文化遺産、記憶遺産に関するもの
※研究に関して助言を必要とされるグループには、共催団体の学芸員・教員などが相談に応じます。また、夏休み期間中の7月下旬または8月上旬に、堺市博物館で研究中間発表会を開催し、事前の打ち合わせも行う予定です。

発表形式

1.形式は自由です。
 【例】
○パワーポイントを使った発表 ○模造紙などでの発表 ○実物模型などを使った発表
○紙芝居 ○劇 ○演奏 ○ファッションショー など
2.9月15日(祝日)に堺市内ホールで開催する「日本と世界が出会うまち・堺 2014」
研究発表会で発表していただきます。発表時間は15分前後とさせていただきます。

顕 彰

1.参加グループには、奨励賞として堺市博物館無料招待券を差し上げます。
また、発表内容は、本プロジェクトのホームページでの配信などで紹介していきます。
2.優秀な研究発表をしたグループには、優秀賞として賞状と記念品を差し上げます。

応募方法

下の応募用紙をダウンロードして必要事項を記入し、
堺市博物館学芸課(hakugaku@city.sakai.lg.jp)まで電子メールへの添付によって提出してください。
メールの件名には「研究発表の応募」と明記してください。

公募締切

2014年5月31日(土曜)

書類ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
住所:〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内