2014年2月11日火曜日

「ドラマティック堺さがし」シナリオワークショップ

「ドラマティック堺さがし」シナリオワークショップ

 このワークショップは、「どの街にも、絵になる風景や物語を呼び起こす風景がある。何気ない日常にドラマが潜んでいる」という堺出身の脚本家・今井雅子さんの言葉をヒントに始まりました。
今井さんのレクチャーのあと、シナリオハンティングをしてチームごとにシナリオを仕上げ、それらをつなぎ合わせて1本のオムニバスドラマのシナリオを完成させます。何気ない堺の風景に光をあてたシナリオ創作を通して、堺のまちを再発見し、魅力を発信していきます。
シナリオイメージ図

講師/講評 脚本家 今井雅子さん

講師からのメッセージ

大事なのは「書式」よりも「何を書くか」。
そして、「堺にドラマがある」という目で
シナリオハンティングをすること。
「ドラマティック堺さがしハンター」が
ふえることを願って、一緒に楽しみたいと思います。

プロフィール

堺市立高倉台小学校、堺市立三原台中学校、大阪府立三国丘高校、京都大学教育学部卒業。コピーライター勤務の傍ら脚本家デビュー。映画作品に『パコダテ人』『風の絨毯』『子ぎつねヘレン』他。テレビ作品に、朝ドラ「てっぱん」「ビターシュガー」「おじゃる丸スペシャル 銀河がマロを呼んでいる~ふたりのねがい星~」“ももクロ”主演クリスマスドラマ「天使とジャンプ」(以上NHK)ほか。絵本レーベル、エンブックスより『わにのだんす』を刊行。脚本指導にも力を入れ、堺市の学校でも授業を行っている。平成24年から堺親善大使。

シナリオの舞台

「阪堺電車」

どこへ向かっているのか。
どんな気持ちで向かっているのか。
その気持ちが変化する瞬間は?
同じ堺に住む高校生が、同じ時間に同じ電車に乗り込んで。
でも、出てきた物語は、6チームそれぞれ。
みんな違って、面白い。
6つの「ドラマティック堺」を楽しんでください。

問合せ先