2013年1月10日木曜日

<与謝野晶子>未発表?16首発見

<与謝野晶子>未発表?16首発見

毎日新聞 1月9日(水)12時13分配信より
 近代日本文学を代表する女性歌人、与謝野晶子(よさの・あきこ)(1878~1942)が、岡山県倉敷市出身の随筆家、薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)(1877~1945)に送った短歌103首の直筆の原稿用紙12枚が見つかった。このうち16首は未発表とみられる。市の依頼を受けて泣菫の遺族が寄贈した資料を調査していた加藤美奈子・就実短大准教授(日本文学)が確認した。

 泣菫は1912年に大阪毎日新聞(現毎日新聞)に入り、随筆などを連載、学芸部長も務めた。遺族が04~07年に書簡や作家たちの直筆原稿など約1700点を市に寄贈し、市は「薄田泣菫文庫」を設立して調査している。

 見つかった与謝野晶子の原稿用紙には、黒ペンで1枚に数首~10首書かれていた。「紫影抄(しえいしょう)」「萱(かや)の葉」「秋の薔薇(ばら)」などのタイトルが記されたものや、晶子の署名が入ったものがあった。紫影抄のタイトルの下には朱書きで「一度にお載せ下さい」と書かれていた。

 103首のうち、87首は大阪毎日新聞紙上に掲載されたり、全集に収録されたりしているが、16首は初出が確認できなかった。泣菫が大阪毎日新聞社に勤めていた時期(1912~23)や全集収録作品から、大正期の作品とみられるという。

 加藤准教授は「歌稿はルビがふられており、新聞掲載用に書かれた可能性が強い。そのまま泣菫の元に残されたかどうか不明だが、未発表の可能性が高い」と話している。倉敷市文化振興課は「日本の近代文学史上、大変貴重な資料だ。大事に保管して研究を進めると同時に、公開を考えたい」としている。【小林一彦、石井尚】

 未発表とみられる与謝野晶子の短歌の一部

生れたる日をば悲しと何の云ふ一萬日(いちまんじつ)の時の語れる

砂踏むを燒(や)けむとそしり網小屋の蔭(かげ)をあゆめり物思ふ人

わが世をばうちまどふことしきりにも續(つづ)きし頃のおぞましき日記(にき)

髪よりも静かなるなし夕ぐれの山の色よりみづうみよりも

街行けば涙ぐまるるおもひでの必ずわきぬまづしきがため

 【ことば】与謝野晶子

 1878(明治11)年、堺市生まれ。近代短歌の浪漫主義を代表する歌人で、詩歌雑誌「明星」などで活躍した。1901年、初の歌集「みだれ髪」を発表し、話題を呼んだ。1904年には、日露戦争に従軍した弟を思った詩「君死にたまふこと勿(なか)れ」を明星に発表。代表作は他に「源氏物語」の現代語訳「新新訳源氏物語」など。夫は歌人の与謝野鉄幹。