2012年12月9日日曜日

12月16日(日)は、衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査の投票日です

衆議院議員総選挙 最高裁判所裁判官国民審査

投票日

平成24年12月16日(日)、午前7時~午後8時
投票日当日に投票できない方は、あらかじめ期日前投票(または不在者投票)ができます。

衆議院議員総選挙について

衆議院議員総選挙は、小選挙区選挙と比例代表選挙の2つの選挙に投票します。衆議院議員の総定数は480人で、小選挙区選挙で300人、比例代表選挙で180人が選ばれます。
 小選挙区選挙は、全国を300の選挙区に分けて、1選挙区から1人の議員を選びます。有権者は候補者の名前を記載して投票します。
 比例代表選挙は、全国を11の選挙区(ブロック)に分けて、その選挙区ごとに政党等を選ぶ選挙です。有権者は政党等の名称を記載して投票します。堺市は近畿ブロック(定数29人)です。

堺市の小選挙区について

堺市の小選挙区の区域は、大阪府第15区、第16区、第17区の3つの選挙区に分かれます。
  • 大阪府第15選挙区:美原区
  • 大阪府第16選挙区:堺区・東区・北区
  • 大阪府第17選挙区:中区・西区・南区
投票の際には、お住まいの選挙区から立候補している候補者を間違えないように、ご注意ください。

最高裁判所裁判官国民審査とは

最高裁判所裁判官の任命後、初めて行われる衆議院議員総選挙の際に実施されます。その後は、10年経過した後に行われる衆議院議員総選挙の際にさらに審査を行い、職務に適切かどうか、国民が直接意思表示できます。
 国民審査は、裁判官ごとに行われ、有権者は辞めさせたい意思があれば×(バツ)印を、なければ何も記載せずに投票します。
 期日前投票をされる方は、衆議院議員総選挙と期日前投票期間が異なりますのでご注意ください。

今回の衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査に投票できる方

日本国民で
  • 年齢要件
    平成4年12月17日までに生まれた方
  • 住所要件
    平成24年9月3日以前から引き続き住民基本台帳に記載されている方

最近、ご住所を変更された方は次の表のとおりになります

届出の別届出の日
(転出の場合は異動日)
投票できる住所地、条件等
(1)市内で転居された方平成24年11月22日以前新住所地で投票できます。
平成24年11月23日以降前住所地で投票できます。
(2)転入届をされた方平成24年9月3日以前新住所地(堺市)で投票できます。
平成24年9月4日以降前住所地で選挙人名簿登録されていれば前住所地で投票できます。
(3)転出届をされた方平成24年9月3日以前新住所地で選挙人名簿登録されていれば新住所地で投票できます。
平成24年9月4日以降前住所地(堺市)で選挙人名簿登録されていれば前住所地(堺市)で投票できます。

あなたの投票所は

投票日当日に投票に行かれる方は、投票所入場整理券に記載されている投票所をよくお確かめのうえお越しください。また、あらかじめ期日前投票をされる方は名簿に登録されている区役所へお越しください。投票に行かれる際には、投票所入場整理券をお持ちください。
 投票所入場整理券が届かなかったり、紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所(又は期日前投票所)で係員に申し出てください。

郵便等による不在者投票

身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険の被保険者証をお持ちの方で法に規定する障害・程度の方は、自宅などで郵便等による不在者投票ができます。投票用紙等の請求は、投票日の4日前(平成24年12月12日(水))の午後5時までに到着(必着)するように余裕を持って行ってください。
 なお、投票用紙の請求には郵便等投票証明書が必要です。お持ちでない方は、該当される要件の手帳等(身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険の被保険者証)を持って区選挙管理委員会で証明書の交付を申請してください。代理の方も交付申請はできますが、申請書には本人(選挙人)の署名が必要となる場合があります。実際の申請方法については区選挙管理委員会にお問い合わせください。
 すでに証明書(有効期限内のもの)をお持ちの方は、その証明書をつけて投票用紙を請求してください。

点字投票・代理投票

視覚に障害のある方は点字投票ができます。投票所及び期日前投票所には点字器と点字の候補者名簿などを備えていますのでご利用ください。また、身体の不自由な方などで、投票用紙への記入が困難な場合には、係員が本人に代わって記載する代理投票ができますので、お申し出ください。

点字・テープ版の「選挙のお知らせ」

大阪府選挙管理委員会では、府内の視覚に障害のある方を対象に、候補者の選挙公報の内容等を点字または音訳テープにした「選挙のお知らせ」をお送りしています。ご希望の方は、どちらか一方を選んで、下記の大阪府選挙管理委員会までお申し込みください。(既にお申し込みいただいている方にはこれまでどおり送付します。)
お申し込み先:大阪府選挙管理委員会
(電話06-6944-6053、ファックス06-6944-3548)

手話通訳

聴覚に障害がある方で、投票日当日に手話通訳による説明を希望される場合は、事前に堺市選挙管理委員会へお申し込みください。

車椅子の配備

投票所及び期日前投票所には車椅子を準備していますので、ご利用ください。

選挙公報は宅配で

選挙公報は宅配によりお届けします。届かない場合は、お手数ですが各区選挙管理委員会までご連絡ください。各区役所にも配架しています。

期日前投票

仕事や旅行など、何らかの事情で投票日に投票できない方は、あらかじめ期日前投票ができます。投票所入場整理券(ご本人のもの)をお持ちください。印鑑は不要です。
 投票場所は、選挙人名簿に登録されている区の区役所の期日前投票所です。
 投票所入場整理券が届かなかったり、紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、期日前投票所で係員に申し出てください。
公職選挙法施行令第49条の8の規定により、期日前投票をする場合には宣誓書に記入し提出することが必要です。
  • 期間:
    衆議院議員総選挙 平成24年12月5日(水)~15日(土)まで
    最高裁判所裁判官国民審査 平成24年12月9日(日)~15日(土)まで
  • 時間:午前8時30分~午後8時(土・日曜日もできます。)
衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査は期日前投票ができる期間が異なります。(衆議院議員総選挙は公示日の翌日から、最高裁判所裁判官国民審査は投票日の7日前から期日前投票ができます。)
お住まいの区(選挙人名簿に登録されている区)の区役所以外では、投票できませんのでご注意ください。

他市町村に出張・滞在中の方の不在者投票

投票日まで、他の市町村に出張・滞在中の方

出張・滞在先の選挙管理委員会で交付される「不在者投票宣誓書・請求書」に必要事項を記載し、選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会へ郵送してください。折り返し投票用紙などを送付しますので、出張・滞在先の選挙管理委員会で執務時間中に投票してください。

病院・老人ホーム等に入院(所)中の方の不在者投票

不在者投票ができる施設として指定を受けた施設(病院・老人ホームなど)に入院(所)中の方は、その施設で不在者投票ができますので、施設の長に申し出てください。

問い合わせ