2012年10月8日月曜日

臨海スポーツセンターに1億3000万円の寄付!


 大阪府の財政難から耐震化工事のめどが立たずに、かねてより存続の危機にありました


の、募金を進める支援の会に、匿名でなんと1億3000万円の寄付がありました!!

これで募金は総額1億4300万円になり1億5000万円まで、あと700万円となりました。

 先日の大阪府議会でみつぎ府議が涙ながらに熱く、この臨海スポーツセンターの存続を、松井一郎知事に訴えかけておられました。
その結果、工事費3億円の半額が集まれば、府が残り半分を負担すると知事が明言してくれました。
今回の募金でなんとか存続の方向へ持って行けそうです。

 この臨海スポーツセンターはスケートリンクや体育館などがあり、堺市民にとってもなじみの深い施設であります。

府は2008年に耐震化工事費を支出しないと決定。

このままだと16年度以降使えなくなることから、リンクで練習する選手らが存続を求めて5月に募金を開始しました。

 かつて同センターを活動拠点としていたフィギュアスケート五輪銅メダリストの高橋大輔選手も募金に協力を呼びかけていて、先日テレビの会見でも話題にしてくれていましたね。

 寄付は今月2日、支援の会の口座に振り込まれ、翌3日、「センターで練習する子どもたちの笑顔を守りたいと思った」と記されたメールが届いたそうです。

匿名での寄付ということで、どなたか分かりませんが本当に感動です T_T

ありがとうございました。