2012年7月18日水曜日

「延期!」食に関するアンケート調査

前年度の文教委員会で中学校給食に対する「市民の是非を問うアンケート」の要望をいたしました。(前提として、現在堺市には中学校給食はありません。)

もちろん担当の教育委員会保健給食課からは「アンケートは行わない」という回答でした。

しかし引き下がるわけにはいきませんので市長に直接質問投げかけるなど再三に渡って要望を行いますとアンケートを行っていただけるという回答をいただきました。

ですが内容は「食に対する総合的なアンケート調査」を行うというもので、しかもその時期は来年度の7月。(今月のことです)

かなり譲った形でこれでも一歩前進と思い了承いたしました。

アンケート内容が気になるため事前にどんなアンケートをするか教えてくださいと言いますと

「内容はお教えできません」

え、いやいやそれじゃどんなアンケートなのか分からないじゃないですか!
質問は足りているか、中立な内容なのか、そのあたりを見たいので教えてください。

「まだ決定していないので内容はお教えできません」

押し問答しても埒が明きませんのでここは一旦引きさがりました。

そして今月が約束の7月ですが急きょそのアンケートが延期されるとのこと。
理由は10月に他のアンケートを行うのでその際にいっしょにしますと。

まぁ仕方がないか・・

不満は残りますが話を前に進めます。

「では、今回する予定だったアンケートの内容を教えてください^^」

「内容はお教えできません」

「・・・??」

「ですから、今回7月に本来行う予定だったアンケートの内容を教えていただけませんか?」

「内容はお教えできません」

意味が分かりません。
本来、7月中に行う予定だったものですから当然、内容はもう決まっているはずです。
前にも言いましたが、質問は足りているか、中立な内容なのか、そのあたりを見たいのです。
再三の要求にも関わらず、結局どのような質問をするかを教えるつもりは無いようです。
事前に質問内容を教えることによって何か市民の不利益になることがあるのでしょうか?

これでも私に延期を伝えに来てくれただけまだましかなと、
現在の文教委員は他の議員になっているのでそちらともお話をして帰られたらどうですか?
といいますと・・

「また別の機会に来ますので結構です。」

あーあ、帰っちゃいました・・・
なぜ本来の担当者である、今の文教委員に何も伝えないのでしょうか?
なんなんでしょう?私が間違っているのでしょうか? 
ここ(役所)にいると時々、自分のやっていることがおかしなことに感じて訳が分からなくなります。